仕組みでおぼえる決済代行

決済代行って?という疑問について

決済代行という言葉を、日常耳にする方はそんなに多くないかもしれません。しかし、気づかぬ間に決済代行を利用している方は数多くいる事は確かな事実なのです。一体いつ利用したの?と思う方もいるとは思いますが、主に使われる場面といえば、インターネットショッピング時のクレジットカード利用の場面なのです。 実は、クレジットカードにも多数会社があり、その会社をそれぞれ利用するといった事は、ショッピングサイトを運営する各事業者の方が安易に行える事ではないのです。お客様に利用して頂くために数多くのクレジット会社と契約することは、管理の時間も費用も莫大にかかってしまいます。その決済の手間を省いてくれるのが「決済代行」といったサービスなのです。



決済代行の簡単な仕組み


そう言葉にした所で、よくわからない物ですよね。つまり、決済代行会社が入らない場合、お客様さまがショッピングサイトにアクセスし、気に入った商品をクレジットカード決済にて購入する、その際にクレジットカードの会社へ申請書類を提出する事になります。細かい内容を漏れがないよう書き記します。通常、会社にもよりますが、審査基準は厳しく、各会社により基準にも違いがあるため、すべての審査を通過するまでにかなりの時間を要することになるのです。この時間を省いてくれるのが決済代行なのです。 決済代行会社が入る場合、お客様がクレジットカードにて決済をしたのちに、運営する各事業者が行うことは簡単な申請書類を書くことのみに減少します。その後の細かい部分は、責任をもって決済代行会社が行ってくれるという仕組み担っているのです。時間もコストも最小限に抑えられる、お助けサービスだったのです。